小さな子供でもいつもと違う家だと分かっている

長崎県の今の家に私たちが引っ越したとき、当時1歳になる子供がいました。

こんな幼い子供でも今までの環境と違うことは感じているものでちょっと戸惑っているのがわかりました。

案外多くなっていた子供のものは、引っ越しを機に使わなくなったおもちゃなどを整理しました。仕分け作業のときに出てきた母子手帳を初めから読んでみました。

なんだか懐かしく思いました。数年前、新築の家を建てて引っ越ししたときに、デスクトップパソコンの移動には全力を尽くしました。このとき、3歳になる娘と1歳の息子の写真データが全部パソコンのドライブ内にあったのです。運ぶときの衝撃でデータが壊れないように使いすぎかと思うくらいクッション材を使いました。業者さんも本当に丁寧に扱ってくれたのでデータは壊れることなく運ばれ、傷もありませんでした。
これから引っ越し作業を始めようとしているあなた、軍手を忘れていませんか?まず、荷造りの作業を思い浮かべてください。

普段は使わないカッター類をたくさん使いますから、手を切ったり、刺したりしてしまうこともよくあります。荷物を移動させるときのことを考えても、指詰めや落下物の危険と隣り合わせです。

軍手なら何でも良いわけでなく、自分の手のサイズに合った、滑り止め付きの軍手を準備することが大事です。
作業効率も上がりますし、安全性も高まるでしょう。

長崎の安い引越し屋を探しているなら、可能な限りたくさんの業者から見積もり額を聞くことが大切です。