インプラントは誰でもできる訳ではありません

最近話題になることも多い治療法であるインプラント。

ですが、留意すべき点もあるのです。
何かと言うと、インプラント治療を受けられる人は限られているということです。
インプラント治療をご検討の方は知っておいて下さい。

インプラント手術では、まず顎の骨に穴を開けて人工歯根を埋め込む必要があります。

なんらかの持病、例えば糖尿病や腎臓病、心臓病、高血圧などをお持ちの場合に加え、骨粗しょう症に罹患していたり、顎の骨がなくなったりしている場合にも、インプラント治療を受けられなかったり、準備に時間がかかるケースがあり得ます。そのような場合は別の方法に頼るしかありません。
せっかくインプラント治療を行ったのに、それから以前と比べて息のニオイが気になるという話も歯科医院ではよくきかれます。
そうなる理由として、インプラントと隣の歯の間などに食べかすが残って臭いを放ってしまう場合や、インプラント粘膜周囲炎や、それがさらに悪化したインプラント周囲炎になっているという可能性もあるのです。
自分もそうかも、と思った方は、担当歯科にかかり、早期解決を図ることです。

多くのメリットを知られるインプラント治療。でも、マイナスの部分も理解しておきましょう。